徒然草018)人はおのれをつづまやかにし

 人はおのれをつづまやかにし、おごりを退けて財を持たず、世をむさぼらむぞ、いみじかるべき。むかしより賢き人の富めるはまれなり。
 もろこしに許由といひつる人は、さらに身にしたがへるたくはへもなくて、水をも手してささげて飲みけるを見て、なりひさごといふものを人の得させたりければ、ある時、木の枝にかけたりけるが、風に吹かれて鳴りけるを、かしがましとて捨てつ。また手にむすびてぞ水も飲みける。いかばかり心のうち涼しかりけむ。
 孫晨は、冬の月に衾なくて、藁一束ありけるを、夕べにはこれにふし、朝にはをさめけり。もろこしの人は、これをいみじと思へばこそ、しるしとどめて世にも伝へけめ、これらの人は語りも伝ふべからず。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→