徒然草021)よろづのことは

 よろづのことは、月見ることにこそ慰むものなれ。ある人の「月ばかりおもしろきものはあらじ。」といひしに、またひとり、「露こそあはれなれ。」とあらそひしこそをかしけれ。をりにふれば、何かはあはれならざらむ。月花はさらなり、風のみこそ人に心はつくめれ。岩に砕けて清く流るる水のけしきこそ、時をもわかずめでたけれ。「沅湘日夜東に流れ去る。愁人のためにとどまることしばらくもせず。」といへる詩を見侍りしこそあはれなりしか。嵆康も「山沢に遊びて魚鳥を見れば心楽しぶ。」といへり。人遠く水草清き所にさまよひありきたるばかり、心慰むことはあらじ。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→