徒然草022)何事も、古き世のみぞしたはしき

 何事も、古き世のみぞしたはしき。今様は無下にいやしくこそなりゆくめれ。かの木の道のたくみの造れる、うつくしき器物も、古代の姿こそをかしと見ゆれ。
 文の詞などぞ、昔の反古どもはいみじき。ただ言ふことばも口をしうこそなりもてゆくなれ。いにしへは、「車もたげよ、火かかげよ」とこそ言ひしを、今やうの人は、「もてあげよ、かきあげよ」と言ふ。「主殿寮、人数たて」と言ふべきを、「たちあかししろくせよ」と言ひ、最勝講御聴聞所なるをば、「御講の廬」とこそ言ふを、「かうろ」と言ふ、くちをしとぞ、古き人は仰せられし。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→