徒然草023)おとろへたる末の世とはいへど

 おとろへたる末の世とはいへど、なほ九重の神さびたる有様こそ、世づかずめでたきものなれ。
 露台、朝餉、何殿、何門などは、いみじとも聞こゆべし、あやしの所にもありぬべき小蔀、小板敷、高遣戸なども、めでたく聞こゆれ。陣に「夜の設けせよ」といふこそいみじけれ。夜御殿のをば、「かいともしとうよ」などいふ、まためでたし。上卿の、陣にて事おこなへるさまはさらなり、諸司の下人どもの、したりがほに馴れたるもをかし。さばかり寒き夜もすがら、ここかしこに睡りゐたるこそをかしけれ。「内侍所の御鈴の音は、めでたく優なるものなり」とぞ、徳大寺太政大臣は仰せられける。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→