徒然草024)斎王の野宮におはします有様こそ

 斎王の野宮におはします有様こそ、やさしくおもしろき事のかぎりとはおぼえしか。「経」「仏」など忌みて、「なかご」「染紙」などいふなるもをかし。
 すべて神の社こそ、捨てがたく、なまめかしきものなれや。ものふりたる森の気色もただならぬに、玉垣しわたして、榊に木綿かけたるなど、いみじからぬかは。ことにをかしきは、伊勢、加茂、春日、平野、住吉、三輪、貴布禰、吉田、大原野、松尾、梅宮。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→