徒然草025)飛鳥川の淵瀬

 飛鳥川の淵瀬常ならぬ世にしあれば、時移り事去り、たのしびかなしび行きかひて、はなやかなりしあたりも人住まぬ野らとなり、変はらぬ住み家は人あらたまりぬ。桃李ものいはねば、たれとともにか昔を語らむ。まして見ぬいにしへのやむごとなかりけむ跡のみぞ、いとはかなき。
 京極殿、法成寺など見るこそ、志とどまり、事変じにける様はあはれなれ。御堂殿の造りみがかせ給ひて、庄園多く寄せられ、わが御族のみ、帝の御後見、世のかためにて、行く末までと思し置きしとき、いかならむ世にも、かばかりあはせてむとは思してむや。大門、金堂など近くまでありしかど、正和のころ南門は焼けぬ。金堂はその後倒れふしたるままにて、とり立つるわざもなし。無量寿院ばかりぞ、そのかたとて残りたる。丈六の仏九体、いと尊くて並びおはします。行成大納言の額、兼行が書ける扉、あざやかに見ゆるぞあはれなる。法華堂などもいまだ侍るめり。これもまたいつまでかあらむ。かばかりのなごりだになき所々は、おのづから礎ばかり残るもあれど、さだかに知れる人もなし。されば、よろづに見ざらむ世までを思ひおきてむこそ、はかなかるべけれ。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→