徒然草026)風も吹きあへず

 風も吹きあへずうつろふ人の心の花になれにし年月を思へば、あはれと聞きし言の葉ごとに忘れぬものから、わが世のほかになりゆくならひこそ、亡き人の別れよりもまさりて悲しきものなれ。
 されば、白き糸の染まむことを悲しび、路のちまたに分かれむことを嘆く人もありけむかし。堀河院の百首の歌の中に、
  昔見し妹が垣根は荒れにけりつばなまじりのすみれのみして  
寂しき気色、さること侍りけむ。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→