徒然草027)御国ゆづりの節会おこなはれて

 御国ゆづりの節会おこなはれて、剣、璽、内侍所わたし奉らるるほどこそ、限りなう心細けれ。
 新院のおりさせ給ひての春、よませ給ひけるとかや、
  殿守のとものみやつこよそにしてはらはぬ庭に花ぞ散りしく  
今の世のことしげきにまぎれて、院には参る人もなきぞさびしげなる。かかる折にぞ、人の心もあらはれぬべき。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→