徒然草028)諒闇の年ばかり

 諒闇の年ばかりあはれなることはあらじ。
 椅廬の御所のさまなど、板敷をさげ、葦の御簾をかけて、布の帽額あらあらしく、御調度どもおろそかに、皆人の装束、太刀、平緒までことやうなるぞゆゆしき。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→