徒然草029)静かに思へば

 静かに思へば、よろづに過ぎにし方の恋しさのみぞ、せむかたなき。
 人静まりてのち、長き夜のすさびに、なにとなき具足とりしたため、残し置かじと思ふ反古など破り捨つる中に、亡き人の手習ひ、絵描きすさびたる、見出でたるこそ、ただそのをりの心地こそすれ。このごろある人の文だに、久しくなりて、いかなるをり、いつの年なりけむと思ふは、あはれなるぞかし。手馴れし具足なども、心もなくて変はらず久しき、いと悲し。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→