徒然草031)雪のおもしろう降りたりしあした

 雪のおもしろう降りたりしあした、人のがり、いふべきことありて、文をやるとて、雪のこと何ともいはざりし返りごとに、「この雪いかが見ると、一筆宣はせぬほどの、ひがひがしからむ人の仰せらるること、聞き入るべきかは。かへすがへす口惜しき御心なり」といはれたりしこそ、をかしかりしか。
 今はなき人なれば、かばかりのことも忘れがたし。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→