徒然草032)九月二十日のころ

 九月二十日のころ、ある人に誘はれ奉りて、明くるまで月見ありくこと侍りしに、思し出づる所ありて、案内せさせて入り給ひぬ。荒れたる庭の露しげきに、わざとならぬにほひ、しめやかにうちかをりて、しのびたるけはひ、いとものあはれなり。
 よきほどにて出で給ひぬれど、なほ事ざまの優に覚えて、物のかくれよりしばし見ゐたるに、妻戸をいま少し押し開けて、月見るけしきなり。やがてかけこもらましかば、くちをしからまし。あとまで見る人ありとは、いかでか知らむ。かやうのことは、ただ朝夕の心づかひによるべし。
 その人、ほどなく失せにけりと聞き侍りし。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→