徒然草034)甲香は、ほら貝のやうなる

 甲香は、ほら貝のやうなるが、ちひさくて、口のほどの細長にして出でたる貝のふたなり。武蔵の国金澤といふ浦にありしを、所の者は「へなたりと申し侍る」とぞいひし。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→