徒然草036)久しくおとづれぬ頃

 「久しくおとづれぬ頃、いかばかりうらむらむと、我が怠り思ひ知られて、言葉なき心地するに、女のかたより『仕丁やある、ひとり』など言ひおこせたるこそ、ありがたくうれしけれ。さる心ざましたる人ぞよき」と、人の申し侍りし、さもありぬべきことなり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→