徒然草037)朝夕隔てなく馴れたる人の

 朝夕隔てなく馴れたる人の、ともある時、我に心おき、ひきつくろへるさまに見ゆるこそ、「今更かくやは」など言ふ人もありぬべけれど、なほげにげにしくよき人かなとぞおぼゆる。
 疎き人の、うちとけたることなど言ひたる、また、よしと思ひつきぬべし。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→