徒然草038)名利につかはれて

 名利につかはれて、静かなるいとまなく、一生を苦しむるこそおろかなれ。
 財多ければ身を守るにまどし。害を買ひわづらひをまねくなかだちなり。身の後には金をして北斗をささふとも、人のためにぞわづらはるべき。おろかなる人の目を喜ばしむる楽しび、またあぢきなし。大きなる車、肥えたる馬、金玉のかざりも、心あらむ人は、うたて、おろかなりとぞ見るべき。金は山に捨て、玉は淵に投ぐべし。利にまどふは、すぐれておろかなる人なり。
 うづもれぬ名をながき世に残さむこそ、あらまほしかるべけれ。位高くやむごとなきをしも、すぐれたる人とやはいふべき。おろかにつたなき人も、家に生まれ時にあへば、高き位にのぼり、おごりをきはむるもあり。いみじかりし賢人、聖人、みづからいやしき位にをり、時にあはずしてやみぬる、また多し。ひとへに高きつかさ、位を望むも次におろかなり。知恵と心とこそ、世にすぐれたるほまれも残さまほしきを、つらつら思へば、ほまれを愛するは、人の聞きを喜ぶなり。ほむる人、そしる人、ともに世にとどまらず。伝へ聞かむ人、またまたすみやかに去るべし。たれをか恥ぢ、たれにか知られむことを願はむ。ほまれはまたそしりのもとなり。身の後の名残りてさらに益なし。これを願ふも、次におろかなり。
 ただし、しひて知を求め賢を願ふ人のためにいはば、知恵出でては偽あり。才能は煩悩の増長せるなり。伝へて聞き、学びて知るは、まことの知にあらず。いかなるをか知といふべき。可不可は一条なり。いかなるをか善といふ。まことの人は知もなく、徳もなく、功もなく名もなし。たれか知りたれか伝へむ。これ徳をかくし愚をまもるにはあらず。もとより賢愚得失の境にをらざればなり。
 まよひの心をもちて、名利の要をもとむるに、かくのごとし。万事はみな非なり。いふに足らず、願ふに足らず。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→