徒然草039)ある人、法然上人に

 ある人、法然上人に、「念仏の時、眠りにをかされて行を怠り侍ること、いかがして、この障りをやめはべらむ」と申しければ、「目のさめたらむほど、念仏し給へ」と答へられたりける、いと尊かりけり。また、「往生は一定と思へば一定、不定と思へば不定なり」と言はれけり。これも尊し。また、「疑ひながらも念仏すれば、往生す」とも言はれけり。これもまた尊し。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→