徒然草043)春の暮れつ方

 春の暮れつ方、のどやかに艶なる空に、いやしからぬ家の、奥深く、木立ものふりて、庭に散りしをれたる花、見過ぐしがたきを、さし入りて見れば、南面の格子、皆おろしてさびしげなるに、東にむきて、妻戸のよきほどにあきたる、御簾のやぶれより見れば、かたちきよげなる男の、年二十ばかりにて、うちとけたれど、心にくくのどやかなるさまして、机のうへに文をくりひろげて見ゐたり。
 いかなる人なりけむ、尋ね聞かまほし。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→