徒然草044)あやしの竹の編戸のうちより

 あやしの竹の編戸のうちより、いと若き男の、月影に色あひさだかならねど、つややかなる狩衣に、濃き指貫、いとゆゑづきたるさまにて、ささやかなる童一人を具して、はるかなる田の中の細道を、稲葉の露にそほちつつ分け行くほど、笛をえならず吹きすさびたる、あはれと聞き知るべき人もあらじと思ふに、行かむ方知らまほしくて、見送りつつ行けば、笛を吹きやみて、山の際に惣門あるうちに入りぬ。榻に立てたる車の見ゆるも、都よりは目とまる心地して、下人に問へば、「しかじかの宮のおはしますころにて、御仏事など候ふにや」と言ふ。
 御堂の方に法師ども参りたり。夜寒の風に誘はれくる空薫物の匂ひも、身にしむ心地す。寝殿より御堂の廊に通ふ女房の追風用意など、人目なき山里とも言はず心づかひしたり。
 心のままに茂れる秋の野らは、置きあまる露にうづもれて、虫の音かごとがましく、遣水の音のどやかなり。都の空よりは雲の往き来もはやき心地して、月の晴れ曇ること、定めがたし。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→