徒然草045)公世の二位のせうとに

 公世の二位のせうとに、良覚僧正と聞こえしは、きはめて腹あしき人なりけり。坊のかたはらに大きなる榎の木のありければ、人、「榎の木の僧正」とぞいひける。「この名しかるべからず」とて、かの木を切られにけり。その根のありければ、「きりくひの僧正」といひけり。いよいよ腹立ちて、きりくひを掘り捨てたりければ、その跡大きなる堀にてありければ、「堀池の僧正」とぞいひける。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→