徒然草047)ある人、清水へ参りたりけるに

 ある人、清水へ参りたりけるに、老いたる尼の行きつれたりけるが、道すがら「くさめくさめ」と言ひもて行きければ、「尼御前、何事をかくは宣ふぞ」と問ひけれども、答へもせず、なほ言ひやまざりけるを、たびたび問はれて、うち腹たちて、「やや、鼻ひたる時、かくまじなはねば死ぬるなりと申せば、養ひ君の、比叡山に児にておはしますが、ただ今もや鼻ひ給はむと思へば、かく申すぞかし」と言ひけり。ありがたき心ざしなりけむかし。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→