徒然草048)光親卿

 光親卿、院の最勝講奉行して候ひけるを、御前へ召されて、供御を出だされて食はせられけり。さて、食ひちらしたる衝重を、御簾の中へさし入れてまかり出でにけり。女房、「あなきたな、誰にとれとてか」など申しあはれければ、「有職のふるまひ、やむごとなきことなり」と、返す返す感ぜさせ給ひけるとぞ。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→