徒然草049)老来たりて

 老来たりて始めて道を行ぜむと待つことなかれ。古き墳、多くはこれ少年の人なり。はからざるに病を受けて、たちまちにこの世を去らむとする時にこそ、はじめて過ぎぬる方のあやまれることは知らるるなれ。あやまりといふは他のことにあらず、すみやかにすべきことをゆるくし、ゆるくすべきことを急ぎて、過ぎにしことのくやしきなり。そのとき悔ゆともかひあらむや。
 人はただ無常の身にせまりぬることを、心にひしとけて、つかの間も忘るまじきなり。さらば、などかこの世のにごりもうすく、仏道をつとむる心もまめやかならざらむ。
 昔ありける聖は、人来たりて自他の要事をいふ時、答へていはく、「今、火急のことありて、すでに朝夕にせまれり」とて、耳をふたぎて念仏し、つひに往生を遂げけりと、禅林の十因に侍り。心戒といひける聖は、あまりにこの世のかりそめなることを思ひて、静かについゐけることだになく、常はうづくまりてのみぞありける。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→