徒然草050)応長の頃、伊勢国より

 応長の頃、伊勢国より、女の鬼になりたるをゐてのぼりたりといふことありて、その頃二十日ばかり、日ごとに、京白河の人、鬼見にとて出で惑ふ。「昨日は西園寺に参りたりし」、「今日は院へ参るべし」、「ただ今はそこそこに」など言ひあへり。まさしく見たりといふ人もなく、虚言と言ふ人もなし。上下ただ鬼のことのみいひやまず。
 その頃、東山より安居院の辺へまかり侍りしに、四条よりかみざまの人、皆北をさして走る。「一条室町に鬼あり」とののしりあへり。今出川の辺より見やれば、院の御桟敷のあたり、さらに通りうべうもあらず立ちこみたり。はやく跡なきことにはあらざめりとて、人を遣りて見するに、おほかた逢へる者なし。暮るるまでかくたち騒ぎて、はては闘諍おこりて、あさましきことどもありけり。
 その頃、おしなべて、二三日人のわづらふこと侍りしをぞ、「かの鬼の虚言は、このしるしを示すなりけり」と言ふ人も侍りし。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→