徒然草051)亀山殿の御池に

 亀山殿の御池に、大井川の水をまかせられむとて、大井の土民に仰せて、水車を造らせられけり。多くの銭を給ひて、数日に営み出だして、掛けたりけるに、おほかためぐらざりければ、とかく直しけれども、つひにまはらで、いたづらに立てりけり。さて、宇治の里人を召してこしらへさせられければ、やすらかに結ひて参らせたりけるが、思ふやうにめぐりて、水をくみ入るること、めでたかりけり。
 よろづにその道を知れる者は、やむごとなきものなり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→