徒然草053)これも仁和寺の法師

 これも仁和寺の法師、童の法師になりたらむとする名残とて、おのおの遊ぶことありけるに、酔ひて興に入るあまり、かたはらなる足鼎を取りて、頭にかづきたれば、つまるやうにするを、鼻を押し平めて、顔をさし入れて、舞ひ出でたるに、満座興に入ること限りなし。
 しばしかなでてのち、抜かむとするに、おほかた抜かれず。酒宴ことさめて、いかがはせむと惑ひけり。とかくすれば、首のまはり欠けて、血垂り、ただ腫れに腫れみちて、息もつまりければ、打ち割らむとすれど、たやすく割れず。響きて堪へがたかりければ、かなはで、すべきやうなくて、三足なる角の上に帷子をうち掛けて、手を引き、杖をつかせて、京なる医師のがり、率て行きける、道すがら人の怪しみ見ること限りなし。医師のもとにさし入りて、向かひゐたりけむ有様、さこそ異様なりけめ。ものを言ふもくぐもり声に響きて聞こえず。「かかることは文にも見えず、伝へたる教へもなし」と言へば、また仁和寺へ帰りて、親しき者、老いたる母など、枕上に寄りゐて泣き悲しめども、聞くらむともおぼえず。
 かかるほどに、ある人の言ふやう、「たとひ耳鼻こそ切れ失すとも、命ばかりはなどか生きざらむ。ただ力を立てて引き給へ」とて、藁のしべをまはりにさし入れて、かねを隔てて、首もちぎるばかり引きたるに、耳鼻欠けうげながら抜けにけり。からき命まうけて、久しく病みゐたりけり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→