徒然草054)御室に、いみじき児のありけるを

 御室に、いみじき児のありけるを、いかでさそひ出だして遊ばむとたくむ法師どもありて、能あるあそび法師どもなどかたらひて、風流の破子やうのもの、ねむごろに営み出でて、箱風情の物にしたため入れて、双の丘の便よきところに埋みおきて、紅葉の散らしかけなど、思ひよらぬさまにして、御所へ参りて、児をそそのかし出でにけり。うれしと思ひて、ここかしこ遊びめぐりて、ありつる苔のむしろに並みゐて、「いたうこそ困じにたれ」、「あはれ紅葉をたかむ人もがな」、「験あらむ僧達、祈り試みられよ」など言ひしろひて、埋みつる木のもとに向きて、数珠おしすり、印ことごとしく結び出でなどしていらなくふるまひて、木の葉をかきのけたれど、つやつや物も見えず。所の違ひたるにやとて、掘らぬ所もなく山をあされどもなかりけり。埋みけるを人の見おきて、御所へ参りたる間に盗めるなりけり。法師ども、言の葉なくて、聞きにくくいさかひ、腹立ちて帰りにけり。
 あまりに興あらむとすることは、必ずあいなきものなり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→