徒然草055)家の作りやうは

 家の作りやうは、夏をむねとすべし。冬はいかなる所にも住まる。暑きころ、わろき住居はたへがたきことなり。
 深き水は涼しげなし。浅くて流れたる、はるかに涼し。こまかなる物を見るに、遣戸は蔀の間よりも明し。天井の高きは、冬寒く灯火暗し。造作は、用なき所を造りたる、見るもおもしろく、よろづの用にも立ちてよしとぞ、人の定めあひ侍りし。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→