徒然草056)久しく隔たりて会ひたる人の

 久しく隔たりて会ひたる人の、わが方にありつること、数々に残りなく語り続くるこそ、あいなけれ。隔てなく馴れぬる人も、ほど経て見るは、恥ずかしからぬかは。つぎざまの人は、あからさまに立ち出でても、今日ありつることとて、息もつきあへず語り興ずるぞかし。よき人の物語するは、人あまたあれど、一人に向きて言ふを、おのづから人も聞くにこそあれ。よからぬ人は、たれともなく、あまたの中にうち出でて、見ることのやうに語りなせば、皆同じく笑ひののしる、いとらうがはし。をかしきことを言ひてもいたく興ぜぬと、興なきことを言ひてもよく笑ふにぞ、品のほど計られぬべき。
 人の見ざまのよしあし、才ある人はそのことなど定め合へるに、おのが身をひきかけて言ひ出でたる、いとわびし。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→