徒然草058)道心あらば、住む所にしも

 「道心あらば、住む所にしもよらじ。家にあり、人に交はるとも、後世を願はむに難かるべきかは」といふは、さらに後世知らぬ人なり。げには、この世をはかなみ、かならず生死をいでむと思はむに、何の興ありてか、朝夕君に仕へ、家を顧みるいとなみの勇ましからむ。心は縁にひかれてうつるものなれば、しづかならでは道は行じがたし。
 そのうつはもの、昔の人に及ばず、山林に入りても、飢ゑを助け、あらしを防ぐよすが、なくてはあられぬわざなれば、おのづから、世をむさぼるに似たることも、たよりに触れば、などかなからむ。さればとて、「そむけるかひなし。さばかりならば、なじかは捨てし」などいはむは、むげのことなり。さすがに、一たび道に入りて、世をいとはむ人、たとひ望みありとも、勢ひある人の、貪欲多きに似るべからず。紙の衾、麻の衣、一鉢のまうけ、あかざのあつもの、いくばくか人の費えをなさむ。求むる所はやすく、その心は早く足りぬべし。形に恥づる所もあれば、さはいへど、悪にはうとく、善には近づくことのみぞ多き。
 人と産まれたらむしるしにには、いかにもして世をのがれむことこそあらまほしけれ。ひとへにむさぼることをつとめて、菩提におもむかざらむは、よろづの畜類に変はる所あるまじくや。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→