徒然草059)大事を思ひ立たむ人は

 大事を思ひ立たむ人は、避りがたく、心にかからむことの本意を遂げずして、さながら捨つべきなり。「しばし、このこと果てて」、「同じくはかのこと沙汰しおきて」、「しかしかのこと、人の嘲りやあらむ、行く末難なくしたためまうけて」、「年ごろもあれ、そのこと待たむ、ほどあらじ。もの騒がしからぬやうに」など思はむには、えさらぬことのみいとど重なりて、事の尽くる限りもなく、思ひ立つ日もあるべからず。おほやう、人を見るに、少し心あるきはは、皆このあらましにてぞ一期は過ぐめる。
 近き火などに逃ぐる人は、「しばし」とや言ふ。身を助けむとすれば、恥をも顧みず、財をも捨てて逃れ去るぞかし。命は人を待つものかは。無常の来ることは、水火の攻むるよりもすみやかに、逃れがたきものを、その時、老いたる親、いときなき子、君の恩、人の情け、捨てがたしとて捨てざらむや。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→