徒然草060)真乗院に、盛親僧都とて

 真乗院に、盛親僧都とてやむごとなき知者ありけり。芋がしらといふ物を好みて、多く食ひけり。談義の座にても、大きなる鉢にうづ高く盛りて、膝もとにおきつつ食ひながら文をも読みけり。わづらふことあるには、七日、二七日など、療治とてこもりゐて、思ふやうに、よき芋がしらを選びて、ことに多く食ひて、よろづの病をいやしけり。人に食はすることなし。ただひとりのみぞくひける。きはめて貧しかりけるに、師匠、死にざまに、銭二百貫と坊一つを譲りたりけるを、坊を百貫に売りて、かれこれ三万疋を芋がしらの銭と定めて、京なる人に預けおきて、十貫づつ取り寄せて、芋がしらをともしからずめしけるほどに、またこと用に用ゐることなくて、その銭みなになりにけり。「三百貫のものを貧しき身にまうけて、かくはからひける、まことにありがたき道心者なり」とぞ、人申しける。
 この僧都、ある法師を見て、しろうるりといふ名をつけたりけり。「とは何物ぞ」と人の問ひければ、「さる物を我も知らず。もしあらましかば、この僧の顔に似てむ」とぞいひける。
 この僧都、みめよく、力強く、大食にて、能書、学匠、弁説、人にすぐれて、宗の法燈なれば、寺中にも重く思はれたりけれども、世をかろく思ひたる曲者にて、よろづ自由にして、おほかた人に従ふといふことなし。出仕して饗膳などにつく時も、みな人の前すゑわたすを待たず、わが前にすゑぬれば、やがてひとりうち食ひて、帰りたければ、ひとりつい立ちて行きけり。斎、非時も、人に等しく定めて食はず、わが食ひたき時、夜なかにもあかつきにも食ひて、ねぶたければ、昼もかけこもりて、いかなる大事あれども、人のいふこと聞き入れず、目さめぬれば幾夜もいねず、心をすましてうそぶきありきなど、よのつねならぬさまなれども、人にいとはれず、よろづ許されけり。徳の至れりけるにや。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→