徒然草061)御産のとき甑落とすことは

 御産のとき、甑落とすことは、さだまれることにはあらず。御胞衣とどこほる時のまじなひなり。とどこほらせ給はねば、このことなし。
 下ざまより事おこりて、させる本説なし。大原の里の甑を召すなり。古き宝蔵の絵に、賎しき人の子のうみたる所に、甑落としたるを書きたり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→