徒然草062)延政門院いときなくおはしませる時

 延政門院いときなくおはしましける時、院へ参る人に御言つてとて申させ給ひける御歌、
  ふたつもじ牛の角もじすぐなもじゆがみもじとぞ君はおぼゆる  
こひしく思ひ参らせ給ふとなり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→