徒然草063)後七日の阿闍梨

 後七日の阿闍梨、武者をあつむること、いつとかや盗人にあひにけるより、宿直人とて、かくことことしくなりにけり。一年の相は、この修中の有様にこそ見ゆなれば、兵を用ゐむこと、おだやかならぬことなり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→