徒然草067)加茂の岩本、橋本は

 加茂の岩本、橋本は、業平、実方なり。人の常に言ひまがへ侍れば、一年参りたりしに、老いたつ宮司の過ぎしを呼びとどめて、尋ね侍りしに、「実方は、御手洗に影のうつりける所と侍れば、橋本や、なほ水の近ければと覚え侍る。吉水和尚、
  月をめで花をながめしいにしへのやさしき人はここにありはら  
とよみ給ひけるは、岩本の社とこそ承りおき侍れど、おのれらよりは、なかなか御存知などもこそさぶらはめ」と、いとうやうやしく言ひたりしこそ、いみじく覚えしか。
 今出川院近衛とて、集どもにあまた入りたる人は、若かりける時、常に百首の歌をよみて、かの二つの社の御前の水にて書きて手向けられけり。誠にやむごとなき誉れありて、人の口にある歌多し。作文、詩序など、いみじく書く人なり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→