徒然草068)筑紫に、なにがしの押領使など

 筑紫に、なにがしの押領使などいふやうなるもののありけるが、土大根をよろづにいみじき薬とて、朝ごとに二つづつ焼きて食ひける事、年久しくなりぬ。ある時、館の内に人もなかりけるひまをはかりて、敵襲ひ来たりて囲み攻めけるに、館の内に兵二人出で来て命を惜しまず戦ひて、皆追ひ返してげり。いと不思議に覚えて、「日ごろここにものし給ふとも見ぬ人々の、かく戦ひし給ふは、いかなる人ぞ」と問ひければ、「年ごろ頼みて朝な朝な召しつる土おほねらにさふらふ」と言ひて失せにけり。
 深く信をいたしぬれば、かかる徳もありけるにこそ。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→