徒然草070)元応の清暑堂の御遊に

 元応の清暑堂の御遊に、玄上は失せにし頃、菊亭大臣、牧馬を弾じ給ひけるに、座に着きて、まづ柱をさぐられたりければ、ひとつ落ちにけり。御懐にそくひを持ち給ひたるにて、つけられにければ、神供の参るほどによく干て、ことゆゑなかりけり。
 いかなる意趣かありけむ、物見ける衣かづきの、寄りて放ちて、もとのやうに置きたりけるとぞ。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→