徒然草072)賎しげなるもの

 賎しげなるもの。居たるあたりに調度の多き。硯に筆の多き。持仏堂に仏の多き、前裁に石、草木の多き。家の内に子孫の多き、人にあひて詞の多き、願文に作善多く書きのせたる。
 多くて見苦しからぬは、文車の文、塵塚の塵。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→