徒然草073)世に語り伝ふること

 世に語り伝ふること、まことはあいなきにや、多くはみなそらごとなり。あるにも過ぎて人はものをいひなすに、まして年月過ぎ、境も隔たりぬれば、いひたきままに語りなして、筆にも書きとどめぬれば、やがて定まりぬ。道々の物の上手のいみじきことなど、かたくななる人のその道知らぬは、そぞろに神のごとくにいへども、道知れる人はさらに信もおこさず。音に聞くと、見る時とは、何事もかはるものなり。
 かつあらはるるをも顧みず、口にまかせていひちらすは、やがて浮きたることと聞こゆ。また、われもまことしからず思ひながら、人のいひしままに、鼻のほどをうごめきていふは、その人のそらごとにはあらず。げにげにしく、所々うちおぼめき、よく知らぬよしして、さりながらつまづま合はせて語るそらごとは、恐ろしきことなり。わがため面目あるやうにいはれぬるそらごとは、人いたくあらがはず。みな人の興ずるそらごとは、ひとり「さもなかりしものを」といはむもせむなくて、聞きゐたるほどに、証人にさへなされて、いとど定まりぬべし。
 とにもかくにも、そらごと多き世なり。ただ常にある珍しからぬことのままに心得たらむ、よろづたがふべからず。下ざまの人の物語は、耳驚くことのみあり。よき人は怪しきことを語らず。かくはいへど、仏神の奇特、権者の伝記、さのみ信ぜざるべきにもあらず。これは、世俗のそらごとをねむごろに信じたるもをこがましく、「よもあらじ」などいふもせむなければ、おほかたはまことしくあひしらひて、ひとへに信ぜず、また疑ひあざけるべからず。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→