徒然草074)蟻のごとくに集まりて

 蟻のごとくに集まりて、東西に急ぎ、南北に走る。高きあり、賎しきあり。老いたるあり、若きあり。行く所あり、帰る家あり。夕に寝ねて朝に起く。いとなむ所何事ぞや。生を貪り、利を求めてやむ時なし。
 身を養ひて何事をか待つ。期する処、ただ老と死とにあり。その来る事すみやかにして、念々の間にとどまらず。是を待つ間、何の楽しびかあらむ。まどへる者はこれを恐れず。名利におぼれて先途の近きことを顧みねばなり。愚かなる人は、またこれを悲しぶ。常住ならむことを思ひて、変化の理を知らねばなり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→