徒然草075)つれづれわぶる人は

 つれづれわぶる人は、いかなる心ならむ。まぎるるかたなく、ただひとりあるのみこそよけれ。
 世に従へば、心、外の塵に奪はれてまどひやすく、人に交はれば、ことばよその聞きにしたがひて、さながら心にあらず。人にたはぶれ、物にあらそひ、ひとたびはうらみ、ひとたびはよろこぶ。そのこと定まれることなし。分別みだりに起こりて、得失やむ時なし。まどひの上に酔へり。酔の中に夢をなす。走りていそがはしく、ほれて忘れたること、人みなかくのごとし。
 いまだまことの道を知らずとも、縁を離れて身を静かにし、事にあづからずして心をやすくせむこそ、しばらく楽しぶともいひつべけれ。「生活、人事、伎能、学問等の諸縁をやめよ」とこそ、摩訶止観にもはべれ。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→