徒然草076)世のおぼえはなやかなるあたりに

 世のおぼえはなやかなるあたりに、嘆きも喜びもありて、人多く行きとぶらふ中に、聖法師のまじりて、いひ入れたたずみたるこそ、さらずともと見ゆれ。
 さるべき故ありとも、法師は人にうとくてありなむ。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→