徒然草079)何事も入りたたぬさましたる

 何事も入り立たぬさましたるぞよき。よき人は、知りたることとて、さのみ知り顔にやはいふ。片ゐなかよりさしいでたる人こそ、よろづの道に心得たるよしのさしいらへはすれ。されば、世に恥づかしき方もあれど、みづからもいみじと思へるけしき、かたくななり。
 よくわきまへたる道には、必ず口重く、問はぬかぎりは言はぬこそいみじけれ。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→