徒然草080)人ごとに、我が身にうとき事を

 人ごとに、我が身にうとき事をのみぞ好める。法師は兵の道を立て、夷は弓ひく術知らず、仏法知りたる気色し、連歌し、管絃を嗜みあへり。されど、おろかなるおのれが道よりは、なほ人に思ひ侮られぬべし。
 法師のみにもあらず、上達部、殿上人、上ざままで、おしなべて武を好む人多かり。百度戦ひて百度勝つとも、いまだ武勇の名を定めがたし。その故は、運に乗じて敵を砕く時、勇者にあらずといふ人なし。兵尽き矢窮まりて、つひに敵に降らず、死をやすくして後、始めて名をあらはすべき道なり。生けらむほどは、武に誇るべからず。人倫に遠く、禽獣に近きふるまひ、その家にあらずは、好みて益なきことなり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→