徒然草081)屏風、障子などの絵も文字も

 屏風、障子などの絵も文字も、かたくななる筆様して書きたるが、見にくきよりも、宿の主のつたなく覚ゆるなり。
 大方持てる調度にても、心おとりせらるる事はありぬべし。さのみよき物を持つべしとにもあらず。損ぜざらむためとて、品なくみにくきさまにしなし、めづらしからむとて用なきことどもし添へ、わづらはしく好みなせるをいふなり。古めかしきやうにて、いたくことことしからず、費えもなくて、物がらのよきがよきなり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→