徒然草082)うすものの表紙は

 「うすものの表紙は、とく損ずるがわびしき」と人の言ひしに、頓阿が、「羅は上下はつれ、螺鈿の軸は貝落ちて後こそいみじけれ」と申し侍りしこそ、心まさりて覚えしか。一部と有る草子などの、おなじやうにもあらぬを見にくしといへど、弘融僧都が、「物を必ず一具にととのへむとするは、つたなきもののする事なり。不具なるこそよけれ」と言ひしも、いみじく覚えしなり。
 すべて何も皆、ことのととのほりたるはあしき事なり。し残したるを、さてうち置きたるは、面白く、いきのぶるわざなり。「内裏造らるるにも、必ず作り果てぬ所を残す事なり」と、ある人申し侍りしなり。先賢のつくれる内外の文にも、章段の欠けたる事のみこそ侍れ。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→