徒然草083)竹林院入道左大臣殿

 竹林院入道左大臣殿、太政大臣にあがり給はむに何の滞りかおはせむなれども、「めづらしげなし。一上にてやみなむ」とて、出家し給ひて、相国の望みおはせざりけり。
 「亢龍の悔あり」とかやいふこと侍るなり。月満ちては欠け、物盛りにしては衰ふ。万の事、さきのつまりたるは、破れに近き道なり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→