徒然草084)法顕三蔵の

 法顕三蔵の、天竺に渡りて、ふるさとの扇を見ては悲しび、病にふしては漢の食を願ひ給ひけることを聞きて、「さばかりの人の、むげにこそ心弱きけしきを、人の国にて見て給ひけれ」と人のいひしに、弘融僧都、「優に情ありける三蔵かな」といひたりしこそ、法師のやうにもあらず心にくく覚えしか。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→