徒然草085)人の心すなほならねば

 人の心すなほならねば、いつはりなきにしもあらず。されども、おのづから正直の人、などかなからむ。おのれすなほならねど、人の賢を見てうらやむは世の常なり。いたりて愚かなる人は、たまたま賢なる人を見て、これを憎む。「大きなる利を得むがために少しきの利を受けず、いつはり飾りて名を立てむとす」とそしる。おのれが心にたがへるによりて、この嘲りをなすにて知りぬ。この人は下愚の性うつるべからず。いつはりて小利をも辞すべからず、かりにも賢を学ぶべからず。狂人のまねとて大路を走らば、すなはち狂人なり。悪人のまねとて人を殺さば悪人なり。驥をまなぶは驥のたぐひ、舜をまなぶは舜の徒なり。いつはりても賢をまなばむを賢といふべし。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→